東北大学 - 産学連携機構イノベーション戦略推進センター

ごあいさつ

「植田 拓郎」
東北大学イノベーション戦略推進センター
センター長 理事(産学連携担当)
植田 拓郎

東北大学の産学連携事業は、共同研究の拡大、研究成果の実用化・事業化の促進、新産業創出を目指し、産学官連携研究拠点の整備、出資事業などを推進していますが、関係する学内組織として、イノベーション戦略推進センターを始め、出資事業を実行する事業イノベーションセンター、さらには未来科学技術共同研究センター(NICHe)や産学連携先端材料研究開発センターのような様々な組織がございます。本学では、さらなる産学連携の促進のため、これらの組織を結集した産学連携機構を設立し、一層の活動改善を図っております。このように本学の産学連携活動が新たな進展を見せる中で、イノベーション戦略推進センターは、産官学連携を通じた革新的イノベーションの持続的発展を戦略的に推進するための活動を展開しています。同センターの活動の重要な一角を占める「革新的イノベーション創出プログラム(COI 東北拠点)」は、平成25 年秋に文部科学省にて事業採択いただいたもので、平成26 年4 月に同事業を進める組織として、センター内に「革新的イノベーション研究機構(H29~革新的イノベーション研究プロジェクト)」を設置しております。

COI 東北拠点では、現在「さりげないセンシング」の開発、ゲノム情報や生体情報による「体質や疾患リスクの研究」、「健康状態を把握・見守り、推奨行動をアドバイスする日常人間ドック」のビジネスモデルやサービスの開発などに、全学を挙げて取り組んでおります。

平成27 年3 月に竣工した「レジリエント社会構築イノベーションセンター」は、文部科学省が平成24 年度に公募した「地域資源等を活用した産学連携による国際科学イノベーション拠点整備事業」において採択され、整備されたイノベーション拠点です。同センターは、革新的イノベーション創出プログラム(COI 東北拠点)等と連携・活用することで相乗効果を生みだすことが期待されており、COI プロジェクトのほか、企業との共同研究ラボや、スタートアップベンチャー企業等が入居し、地域や産業界と連携する取り組みが始まっています。

また、令和3年4月からは、本学における未来の幸福な健康社会を創造するデザイン志向型産学連携研究開発拠点として、センター内に新たに「未来社会健康デザインプロジェクト(略称:未来社会健康デザイン拠点)」が設置されました。健康領域のバックキャスティング型大型研究プロジェクトの支援、領域横断型研究体制の支援及び保健医療イノベーションの創出支援や橋渡し支援並びに人材育成を目的として、これまでのプロジェクトで培ったアセットを最大限に活用し、新たな未来社会ビジョンを描くとともに、産官学連携を通じた革新的イノベーションの持続的発展に努めてまいります。

イノベーション戦略推進センターでは、このような活動に取り組みつつ、大型で自立・発展的な活動を行う拠点型の産官学連携についての先駆的モデルを提示していくべく、積極的に活動してまいります。皆さまのご高配とご支援をよろしくお願い申し上げます。

組織図

組織図

アクセス

組織図

【 場所 】
〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
レジリエント社会構築イノベーションセンター

【 仙台市地下鉄東西線をご利用の場合 】
「仙台駅」から「青葉山駅」までは約9分
「青葉山駅 南1出口」からセンターまでは徒歩1分
◎料金/250円(仙台駅から)